MENU

不動産担保ローン

 

不動産担保ローンは、ローンの種類の一つですが、不動産担保ローンというのは、不動産を担保に入れてローンを組むというものです。ローンには無担保ローンと有担保ローンがあります。無担保ローンの場合には担保を用意しなくてもローンを組むことができるのですが、有担保ローンの場合には、担保に何か入れなければ、ローンを組むことが出来ないのです。その担保が不動産である場合には不動産担保ローンということになります。
不動産担保ローンは、無担保ローンと比べてみると、かなり高い限度額になっていて、融資額が大きいので驚きますが、やはり不動産を担保に入れていることにより、限度額も高めに設定されているのです。もしも不動産担保ローンを組んでいて、ローンを返済できなくなった場合には、その担保に入れていた不動産物件というのは、とられてしまいます。ローンの返済が困難になると不動産担保を取られるというのがこの不動産担保ローンの特徴です。
無担保ローンの場合には、ローンの返済に困っても家を取られるということはありませんでしたから、とにかく返済できなくても家に住んでいられましたが、不動産担保ローンの場合には、家を取られてしまいますので、返済できなければ家から出ていかなくてはいけませんし、手放さなくては、いけないことになるのです。
不動産担保ローンを利用するという場合には、この様に物件を取られるということをよく理解した上で、利用するようにしましょう。

住宅ローンの返済方法

住宅ローンの返済方法についてですが、住宅ローンを返済する方法というのは一般的には2種類の方法があります。まず一つ目の住宅ローンの返済方法としては元利均等方式という方法があります。元金と利子を含めて返済額が毎月同じ額になるように返済するのがこの住宅ローンの元利均等方式になっています。ですからはじめは金利ばかりが減っていくことになって元金が減らないのが特徴です。だんだん住宅ローンの返済が進んでいくと、住宅ローンの返済額のほとんどが、元金の返済になっていきます。毎月の住宅ローンの返済額が決まっていることで、毎月の資産計画がしっかりと立てられるというメリットがあります。多くの住宅ローンがこの方法での返済方法になっています。

 

そして住宅ローンの中には、元金均等方式という方法があります。こちらは元金の返済が毎月同じ額になるように住宅ローンを返済していくという方法で、住宅ローンの返済が進めば進むほど利息が減るというタイプで、返済額は、住宅ローンがスタートした最初が多めになっていて後になれば減っていくのが特徴です。最初の住宅ローンの返済額が多いですから住宅ローンにはあまり向かないタイプかも知れません。

住宅ローンの諸費用

住宅ローンの諸費用について紹介していきたいと思います。住宅ローンというのは諸費用がかかってしまいますから住宅ローンを組むだけで何もお金が必要ないと思っている人は確認しておいた方がいいでしょう。まず住宅ローンを組んで売買契約をする際には物件の金額にもよりますが5000万ね2課の場合には売買契約書にはる印紙税が1万5千円かかることになりますし、住宅ローンの契約をする際には5000万円以下の住宅ローンには2万円の印紙税がかかってきます。このほか住宅ローン以外にも、決済や土地の引き渡しの際にも司法書士に払うお金がだいたい5万円前後かかってきます。

 

住宅ローンの諸費用としては事務手数料、保証料、団体生命保険料などがかかってきます。火災保険料も必要ですし、司法書士に報酬を支払う際にはこちらも5万円前後の費用が必要です。トータルで考えると他にも引っ越しの費用や家具なども購入する際の費用も必要になってきますから住宅ローンの5パーセントくらいが自己資金として持っていると安心して住宅ローンを組んで家を購入することができるのではないかといわれています。住宅ローンによっては頭金0で購入可能といわれているローンもありますが、その際でも諸費用は必要です。